【乃木坂46】与田ちゃん や ねる が使う「~たい ~ばい」という方言について福岡県民が考えてみた【欅坂46】

©乃木坂46LCC ©Seed&Flower LLC

乃木坂46で 逃げ水 ではセンターへと大抜擢され、先日、写真集『日向の温度』の発売でニュースをさらった3期生のエース 与田ちゃん!

先日、欅坂46専任へと変更になり話題をさらい、写真集『ここから』も初版が乃木坂46を含めた「坂道グループ」最多の12万部という記録をたたき出し、再び話題をさらっている ねる!

この二人の出身は二人とも九州ですね。

そして、たびたび出てくる方言!

それが……

「~たい」

「~ばい」

語尾につけられる方言ですね。

これって明確にはどこのか知らないんですけど、福岡に住んでいる私はよく使っています。

ちなみに、熊本や長崎も縁があるのですが、その辺でも普通に使われてるイメージです。

さて

これって、どういう意味なんでしょうか?

普段使っている私からすると再度考えてみると面白いかなと思い考えてみる次第です。

スポンサーリンク

「~たい」

まずは、「~たい」の方から

使い方としては

こんなことがあるったい。

あそこに行ったったい。

これをするったい。

適当に挙げてみましたが、なんでしょうか

無理に絞り出そうとすると違和感があります(笑)

さて、意味的にはなんでしょうかね。

おそらく

「~(ん)だよね。」

というのが合いそうです。

こんなことがあるんだよね。

あそこに行ったんだよね。

これをするんだよね。

という感じです。

「~ばい」

次に、「~ばい」です。

こちらは

こんなことがあるばい。

あそこに行ったばい。

これをするばい。

上と同じ用法で使えます(笑)

つまり、意味も同じ「~(ん)だよね。」ってことですね。

しかし、個人的には

こんなことがあるとばい。

あそこに行ったとばい。

これをするとばい。

と使いたいところです。

「~ばい」の前が、「と」に変換されていますね。

「~ばい」に続けるために音を変化させています。

こっちの方が、個人的に違和感が無くなります。

ニュアンス的な違いは?

少し調べてみると、

自分のことを言うときは 「~たい」

相手のことを言うときは 「~ばい」

という話があります。

しかし、使い方については絶対ではない注釈が付いてることが多いですね。

つまり、どっちを使っても通じるし、変ではないってことですね。

流れの音とかで使いやすい方を使ってるというのが一番正しいかもしれません。

その他の九州弁

他にも、 与田ちゃん や ねる からよく飛び出す九州弁には

「~けん」=~だから。

「~と」=語尾で疑問文にする。(知っとっとー?=知ってるの?

「~っちゃん」=~だよね。

などがありますよね。

この3つもよく出るので覚えておくと良いかもしれませんね!

まとめ

やばい。

自然に使ってるけど思ったよりややこしいぞ(笑)

あれ、やばいに「~ばい」をつけると……

やばいばい。

これって違和感ありますか?九州では普通に使えます。

再度、考えてみたら方言って結構面白いものですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加