10月2日からTwitter新規約の適応により凍結祭り?そもそも規約の何が変わるの?

やばい!青い鳥さんの10月2日から始まる新規約によると

アニメアイコンとか、芸能人の画像をツイートしてたら

アカウントが凍結になるらしい!!!

というツイートが目に入ったので、それはまずいことだ!!!

と真相を調べてみました。

スポンサーリンク

何が変わったの?

さて、今回のTwitterの新規約。

何が変わったのでしょうか?……

3. 本サービス上のコンテンツの変更点

旧規約

「当社は、予告なしで、当社独自の判断により、ユーザーに対して何らの責任を負うことなく、侵害の疑いがあるコンテンツを削除する権利を留保します。」

新規約

「当社は、Twitterユーザー契約に違反しているコンテンツ(著作権もしくは商標の侵害、なりすまし、不法行為または嫌がらせ等)を削除する権利を留保します。」

ご自身のコンテンツが著作権を侵害する方法でコピーされたと判断される場合は、当社の著作権侵害報告フォームhttps://support.twitter.com/forms/dmca)にアクセスしていただくか、以下の当社のCopyright Agent(著作権通知窓口)まで報告をお願いします。

Twitter, Inc.
Attn: Copyright Agent
1355 Market Street, Suite 900
San Francisco, CA 94103
報告先 : https://support.twitter.com/forms/dmca
電子メール : copyright@twitter.com

多分、上記の著作権侵害報告フォームが騒がれてるんだと思います。

でも、これって

旧規約

9.著作権ポリシー

当社は、予告なしで、かつユーザーに対して何らの責任を負うことなく、当社独自の判断により侵害の疑いのあるコンテンツを削除する権利を留保します。また、いずれかの利用者が侵害行為を繰り返していると判断した場合、当社は、適切な状況において、当該利用者のアカウントを削除します。米国デジタルミレニアム著作権法に基づき、本サービス上で発生する著作権侵害容疑の通知受付窓口は以下のとおりです
Twitter, Inc.
Attn: Copyright Agent
1355 Market Street, Suite 900
San Francisco, CA 94103
報告: https://support.twitter.com/forms/dmca
メールアドレス: copyright@twitter.com

引用元:Twitter旧規約

既にあったんですね。

しかし!

米国デジタルミレニアム著作権法に基づき、

ご自身のコンテンツが著作権を侵害する方法でコピーされたと判断される場合は

へと規制緩和されています。

ただ、これでみんな凍結するー!!!ってのは、極論すぎません???

4. 本サービスの利用ー本規約の終了ーの変更点

旧規約

当社は、
(i)ユーザーが本規約またはTwitterルールに違反している、
(ii)ユーザーが当社にリスクまたは法的責任の可能性をもたらす、
(iii)ユーザーの長期的不活動によりアカウントの削除が必要となった、
または(iv)当社によるユーザーへの本サービスの提供が商業的に困難となった(ただし、これらに限定されません)
と、当社が合理的に確信した場合、理由の如何を問わず、または理由なく、いつでもユーザーのアカウントを一時停止もしくは削除するか、本サービスの全部または一部の提供を終了することができます。

新規約

当社は、
(i)ユーザーが本規約またはTwitterルールに違反している、
(ii)ユーザーが当社にリスクまたは法的責任の可能性をもたらす、
(iii)不法行為によりユーザーのアカウントの削除が必要となった
(iv)ユーザーの長期的不活動によりアカウントの削除が必要となった、
または(v)当社によるユーザーへの本サービスの提供が商業的に困難となった(ただし、これらに限定されません)
と、当社が合理的に確信した場合、理由の如何を問わず、または理由なく、いつでもユーザーのアカウントを一時停止もしくは削除するか、本サービスの全部または一部の提供を終了することができます。

「不法行為によりユーザーのアカウントの削除が必要となった」

が加わっています。

結論、当たり前だぁー!

5. 免責事項および責任の制限の変更点

旧規約

5. 免責事項および責任の制限

以下略(色々書いてある。

新規約

5. 責任の制限

本サービスを利用することで、ユーザーは、Twitter、その親会社、関連会社、関係会社、それらの各役員、取締役、従業員、代理人、代表者、パートナーおよびライセンサーの責任が、ユーザーの居住地で許可される最大限の範囲で制限されることに同意することになります。

という文言だけになる。

免責事項が無くなったんでござるな。

結局何が変わったの?

別に、ここが大きく変わったよ!!!

って取り上げるほど変わったところないです。少なくとも一般人にとっては

これで、凍結祭りになるってことも無いと思います。

(Twitterは何で凍結祭りするか分からないから断言はできないけど

著作権侵害を申請しやすくなった!!!

ってことで、みんな凍結だぁ~ってのは、極論すぎると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加